カジノ業界でビッグデータはどのように活用されているのか、考えたことはありますか?例えばスロットマシンは、ゲーマーの中でも年齢層が高めな層に好まれるなど、特定の層により強いニーズがある可能性があります。このような分析により、一定層に合ったコンテンツ、特定プレイヤーに合ったコンテンツ、というようにマーケティング活動の自動化が可能となるのです。それでは、具体的にどのようなことにデータが活用できるかご紹介します。

1.ビッグデータによる効率的な競合サイトの情報収集

ビッグデータにより、オンラインカジノは他のサイトで特に人気の高いゲームの情報追跡を行えます。これにより、強力な競合の存在を検知し、その優位性を分析することが容易になります。

2.ビッグデータによるプレイヤーの好みの把握

その選択肢の多さから、オンラインカジノがユーザーに最適なゲームを選別することは一筋縄ではいきません。しかし、クリック率やコメント、ペイアウト率、客の好みなどを分析し、どのゲームが最も人気があるかを判断することで、そのパターンの背後にある要因を特定することができます。ビッグデータの活用によって、オンラインカジノは提供するゲーム等の選択が容易になります。

3.インターネット上のセキュリティギャップの特定

特に警戒が必要な重要事項の1つはオンラインセキュリティの問題です。大部分のオンラインゲームで、プレイヤーはインターネットを介して入出金を行うからです。

今、多くの企業でセキュリティギャップが生まれています。セキュリティギャップとは、機械やアプリケーション、ネットワークなどがどんどん増えて行っても、それに対するセキュリティの機能は今まで通りで結果的にセキュリティが脆弱になることです。

ビッグデータの活用により、このようなセキュリティギャップの特定をより容易に行うことが可能となります。

4.マーケティング戦略策定への活用

ビッグデータは顧客ニーズに合致したマーケティング戦略の決定に、核心的な役割を果たします。カジノでも、ウェブUI、配色、サイトに追加すべきゲームジャンルなどの選定にビッグデータを利用できます。ビッグデータの活用には大きなメリットがあります。

5. B2Bマーケティング手法に学ぶ

カジノのウェブサイト設計により、他のサイト上の客のフィードバックや反応に基づいた、カジノの長期的な成功の可否を判断することができます。さらに、オンラインギャンブルに関する情報が得られます。政府の規則から競合の対応まで、ビッグデータを使って現在のあらゆる市場の動向を追跡できます。規制データは、カジノが合法的運営を維持することによる戦略的地位を確立するのに役立ちます。多くの場合、ユーザーは支払いがきちんと行われ、優良なサービスを提供する信頼性の高いサイトでのみお金を使いたいと考えるものです。

6. 客層と流入経路の見極め

各ターゲット層に合わせたマーケティング戦略を策定できます。カジノ側は、ユーザー数を増やすためにはどの層を主要ターゲットにすべきかなどを考慮する必要があります。プレイヤーの主要年齢層は18歳~40歳と考えるのがいいでしょう。新たな客層向けの新広告キャンペーンの作成や既存戦略の新しい地理的エリアへの適用など、さまざまな手法の利用が考えられます。ビッグデータにより、カジノの戦略を支える事実やデータを入手できるのです。

7. 既存プレイヤーの維持

既存ユーザーを満足させられない状態では、新規ユーザーを獲得しようとする試みは無駄になってしまうでしょう。カジノはビッグデータを活用して、顧客を引き付ける要因や、もし問題が発見された場合には顧客維持の改善などについてのインサイトを得られるでしょう。

上述のとおり、収集した情報は運営の改善やプラットフォーム変更のための分析に活用することができます。また、カジノでは主にマーケティング目的で利用されています。さまざまなタイプのカジノ常連客がいる間で、どのゲームの人気が高いかを判定することにも活用できるのです。